どろあわわと肌の基礎知識

uvケアは「肌の保険」きちんと予防対策していきましょう

投稿日:

ベタつきの少ない日焼け止め・UV傘や帽子の併用も有効

「日焼け止めを塗るのは面倒」「顔や手がベタつくから苦手」。

日焼け止めを塗るなどの紫外線対策について、そんな声もあるようです。

日焼けした直後、肌が赤くなったりヒリヒリするなど軽いヤケド状態になれば、肌のダメージは目に見えてわかります。

一方、よく晴れた日に日焼け止めを塗っても塗らなくても、当日は何も変わらないので、その差は実感できないと思います。

ただし5年間、晴天の日に直射日光を浴び続けた場合とこまめなUVケアを続けた場合を比べると、肌の状態に大きな差がついているはずです。

「若いうちから日焼け止めをしっかり塗っておけばよかった」と後で後悔しても、取り返しがつきません。

適切な運動や食事と同じように、誰にとってもスキンケアは欠かせません。

最近はベタつきの少ない日焼け止めが出ていますから、塗り心地のよいものを探してみるとよいでしょう。

日焼け止め、もしくはUV効果のあるファンデーションなどを利用したり、紫外線カットの傘や帽子を併用して、若いうちから自分に合った効率的なUVケアを続けたいものです。

できてしまったシミ、シワのほうが時間も費用もかかることに

肌は、常に新陳代謝を繰り返して生まれ変わり続けるので、未来でも同じ状態のまま、ということはありえません。

年を重ねるごとに肌は、代謝のスピードやコラーゲン、エラスチンの量、真皮の厚さに変化が生じていきます。

皮膚が少し薄くなったりハリが乏しくなることもしばしばです。

ですから、今はみずみずしい均一な肌の持ち主でも、紫外線にひんぱんに当たっていると、コラーゲンやエラスチンがダメージを受けて、シミが徐々に増
えていきます。

若いうちからコツコツとUVケアを続けた場合より、できてしまったシミやシワをケアするほうがさらに多くの費用や時間が必要になります。

ですから現在行っているようなニキビを解消してなめらかな肌を目指すといった速効性のあるケアと同時に、未来に向けてUVケアを継続させることが大切になります。

今の自分だけでなく、将来の自分のために「肌の保険」として、日常的なUVケアを続けていきましょう。

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.