どろあわわと肌の基礎知識

20代のニキビ、30代の毛穴、40代のたるみ対策

投稿日:

40代の春型悩み肌は「肌断食」でリセット

20代のニキビは、「スキンケア」の間違いより「健康管理」に起因していることがほとんど。

特に食べることをおろそかにしているのが原因です。

栄養をバランスよく摂っていないどころか、「太りたくない」や「興味がない」など呆れる理由できちんと食事をしない。

そのくせ、ジャンクフードに夢中。

その偏りをやめない限り、トラブルは解消されません。

30代の毛穴の目立ちは、明らかに20代からの間違った「取り過ぎ」クアの「ツケ」です。

成長期を終え、大人の肌への移行期に差しかかった自分の肌を自覚して。

40代の肌に早送りするか20代の肌に巻き戻しするかの瀬戸際と考えてください。

40代になるとたるみ、小ジワなどが出てくるはずです。

今、きちんと対処しないと老化が本物になり、手遅れになります。

そんな肌には「肌断食」がおすすめ。

肌断食とは、朝起きて顔を洗ったら、化粧水も美容液も何もつけずほったらかしにする「休肌日」のこと。

肌がどういう状況になるのか、何を欲しているのかと、肌と対話するのです。

50代のたるみ、シワは、もはや自分の力だけで理想の肌へと蘇らせるのは限界があります。

エステティックサロンでプロの手に任せて再生のための道づくりをしてもらいましょう。

「皮脂はあなたの敵じゃない!!」最高品質の、天然クリームです!

本来、皮脂は肌を守るための体の防衛反応。

ところが、間違った思い込みのお手入れやまるでお手入れをしていないというスキンケアの放浪者たちが、肌を荒らし、無理に皮脂を取り去ってしまうから、体が必死で、肌を守って肌の健康を保とうと、皮脂をどんどん出すんです。

それをあぶら取り紙やピーリングでまた取ろうとするんだから、肌もぼろぼろになるわけよね。

ここで紹介したスキンケアで、バランスよく皮指の出る肌に戻したら、あの、憎しいと思っていた皮脂がいとおしくなるはずですよ。

ニキビが大きく腫れないようにするテクニック

春型悩み肌の大きな特徴は、「目に見えるトラブルが多い」こと。

ニキビ、吹き出もの、毛穴の開き、シミなど、見たにはっきりと認識できるトラブルが多いのです。

特に、ニキビや吹き出ものは、「どうにか隠したい」とか「早く治したい」という焦りから、あれこれと化粧品や美容法に手を出したり、無理な力を加えたりと、自ら「あとを引く肌」をつくってしまう傾向もあるのです。

トラブルが起こらないように、未然に防ぐスキンケアを心がけるのが何より大切ですが、もし、トラブルが発生してしまったら、いかに軽度でとどめるかを考え、焦らずにきちんと正しく対処しなくてはいけません。

ニキビや吹き出ものはもともと、体からの悲鳴が肌表面に現れたものです。

たとえば、精神的ストレスなら額に、肝機能や肺が弱ると頬に、胃腸が弱ると口のまわりに、ホルモンバランスが崩れるとアゴの横や中心に...といった具合。

ですから、心身の不調を取り除くことが先決です。

どうしてもできてしまったら、ツイスト(揺らす)&ピンチング(つまむ)というハンドテクニックと、美白美符液による集中ケアが有効。

決してつぶしたり押し出したりしないで、跡を残さないようにしましょう。

洗顔方法にも気をつけてどろあわわで優しく泡洗顔することで皮脂の取り過ぎを防いでいきましょう

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.