どろあわわと肌の基礎知識

肌を保湿のためにはワセリンが効果的??どろあわわ洗顔後の保湿

投稿日:


どろあわわは毛穴の黒ずみやニキビ予防に効果的と話題の泥洗顔料ですが、

そんなもっちり泡で洗顔する上ではどろあわわは効果的でも、洗顔後のケアなどによってせっかくどろあわわを使用していてもあまり症状に効果を感じることができず、効果に不満を持ってしまう事もあります。

ですので、どろあわわを使う以外にもその後のケアに気をつけつつ、症状の改善のためにどろあわわを使用していきましょう

ここではそんなどろあわわを使用する以外の部分のケア方法で気をつけて行くべきポイントについてご紹介していきます

「粉ふき」にはワセリンを

ワセリンは、石油を蒸留した残漬から得られた油をさらに生成したものです。

なかなかのすぐれもので、植物油でも動物の脂でも空気にふれれば1日で酸化しはじめますが、ワセリンは酸化するまでに数年かかります。

そのため、昔は隆鼻術や豊胸を目的にワセリンが注入されていた時代もあるほどです(ただし、数年後には酸化して変性するので、大問題になったわけですが)。

それはともかく、ワセリンは他のオイル類やクリームとちがって、皮膚にしみこんでいきにくいのも特徴です。

つまり、きわめて酸化しにくく、そのため皮膚を刺激することなく、しかも、皮膚の中へ浸透しにくい。

ワセリンは肌にとって、とてもやさしい素材といえます。

皮膚病でジュクジュクしたり、やけどで皮膚が赤くむけてしまったような傷に対しても、患部を保護する目的で使われるほどです。

反対にクリームやローションは刺激が強くて傷が治らなくなるので、形成外科医は、ふつう、やけどや傷の治療には使いません。

肌がひどく乾燥しているときには、角質細胞の端がスルメをあぶったときのようにカールして、いっせいにめくれあがります。

すると、粉をふいたようになります。

あまりにも粉ふきの程度が重症だと、めくれた細胞の隙間から皮膚の中の水分が蒸発しやすくなります。

そのような部分に、ごく少量のワセリンをつけるのです。

ワセリンによって、めくれた角質細胞を皮膚に貼りつけることができて、肌を乾燥から守れるというわけです。

かゆみやチクチクする痛みを感じる場所にも、ごく少量のワセリンを使います。

かゆみやチクチクを感じるのは、肌が乾燥しすぎて、目にみえない細かいひび割れで傷だらけになって、軽い炎症を起こしているためです。

ワセリンでコーティングすることによって、外部からの刺激から肌を守ることができ、傷が治りやすくなります。

ワセリンをつけてもいいのは原則として、粉をふいている部分と、かゆみやチクチクのある部分のみです。

それらの症状がない場所にはつけません。

むしろつけないほうが肌を荒らさずにすみます。

ただし、例外もあります。

たとえば、目もとが乾燥していて、小ジワが気になる冬などに外出するときには、ごくごく少量のワセリンを目もとにつけて、多少目立たなくする程度なら許容範囲です。

また、湿度が10~30パーセント台などと、ひどく空気が乾燥している冬などには、顔全体にワセリンを薄めにつけてから、出かけてもよいでしょう。

もうひとつの例外が、唇です。

唇が乾く人は、かならずといっていいほど唇を舐めています。

舐めることで唇の肌がぬれて、乾燥するのです。

ワセリンでコーティングしておけば、多少舐めても、唾液が唇の肌に直接つかないので、乾燥しづらくなります。

ワセリンが「唾液よけ」になるのです。

ワセリンの適量は米粒の半分くらい

ワセリンをつける場合は、ごくごく少量にします。

綿棒の先にちょっとすくってとれる程度、米粒の半分ほどの量です。

それを両方の手のひらでよくのばしてから、必要な部分にのみ手のひらを押しつけながらつけます。

こすると肌にダメージを与えますので、「押しづけ」にするのです。足りないと感じたら、同じようにしてつけたします。

たとえワセリンでも、つけすぎは禁物です。肌をかえって乾燥させてしまいます。

たとえば、肌にラップを貼りつければ、数分もすると、肌から出る水蒸気でラップの内側に水滴がつきます。

同じように、ワセリンで肌をべったりカバーすると、皮膚から出た水分がワセリンと皮膚の間にたまります。

水分は角層の表面の細胞にいったん吸収され、そして、その水分は、いずれかならず蒸発します。

蒸発すると、角層がこわれて、天然保湿因子も一緒に蒸発したり、流出したりして、肌が乾燥するわけです。

ワセリンはつけたままでも、酸化して肌に害をおよぼすことがほとんどないので、せっけんなどで落とす必要はありません。

水洗顔だけで十分です。

翌朝は、前日のワセリンが少し皮膚に残っているので、つける必要はないかもしれません。

乾燥感がつよければ、必要な部分に同じように押しづけします。

ワセリンはべたべたして嫌い、という方がたくさんいます。それはつける量の問題です。

しかし、肌に必要な分だけつける技を身につければ、ワセリンほど肌にやさしく、効果的な保湿剤はありません。

使い方を習得してください。

ワセリンの「適量」を知る方法があります。

まず、指先を鏡に押しつけると、油膜が鏡に指紋として付着します。

この程度が油膜の適量の目安となります。

ワセリンを顔につけてから、その肌を鏡に押しつけてみましょう。指紋よりもべたつとついたら、つけすぎ。「量は最小限」を肝に命じてください。

清潔に保つことが大切

同じワセリンでも、純度の低いものは黄色っぽい色をしていますが、純度が高いものは白色ワセリンとよばれ、白っぽくて透明感があります。

肌につけるのは、かならず白色ワセリンにしてください。

ワセリンはひとつ買えば、大きさにもよりますがl年や2年はなくなりません。

このように長く使うため、清潔に保つ工夫も必要です。

指で直接とるのではなく、かならず楊枝や使い捨ての綿棒にとることです。

かきまぜると、気泡が入ってしまうので注意しましょう。

なるべくあとが平らになるようにとってください。表面が凸凹だと、それだけ空気にふれる面積が多くなりますので。

このように注意をしていても、時間がたてば、空気にふれている表面にはバイキンが繁殖してきます。

ときどき表面だけごっそりとりのぞきましょう。

1年以上使わなかったものでは、細菌が繁殖している可能性があります。

表面を少し捨てて、空気にふれていない部分を使うことです。

また、ワセリンがいくら酸化しにくいといっても、数年前に購入したものなどは、使わないほうが無難でしょう。

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.