どろあわわと肌の基礎知識

生まれた瞬間から着々と肌をサビつかせる「活性酸素」

投稿日:

活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけ老化を引き起こす

ツルツルすべすべの赤ちゃんの肌。

じつは生まれた瞬間から、肌老化は始まっています。

その正体が「活性酸素」です。

鉄などの金属がサビたり、バナナの切り口が茶色くなったりするのは、酸素によって物質が「酸化」するためです。

活性酸素は、私たちの体の細胞を強力にサビつかせる悪玉酸素。

普通の酸素に比べて、著しく化学反応を起こしやすい暴れ者なのです。

これが体内で大量に発生すると、細胞や遺伝子を傷つけ、老化を引き起こすのです。

活性酸素はシミやシワなどの老化のほか、ガン細胞の発生にもかかわることがわかっています。

紫外線、過労、ストレス、喫煙などで活性酸素は大量発生

人は呼吸をする際に際素を取り入れ、エネルギーを燃焼し活動していますが、この際にも活性酸素が発生します。

呼吸するだけで活性酸素が発生するのですから、人が生きて息をしている限り、老化は避けられない宿命といえます。

でも本来、人体には活性酸素を除去するしくみが備わっています。

抗酸化力のある酵素などが体内で働き活性酸素をすみやかに取り除いているのです。

しかし、この体内の抗酸化力も、30代以降は低下していきます。

ほかに活性隊素をたくさん生み出してしまうものには、激しすぎる運動、紫外線、過労、ストレス、喫煙、食品添加物や大気汚染などの化学物質、酸化した油(時間がたった揚げものなど)があります。

また最近の報告では、常に血糖値が高いと、それが体内に活性酸素を生み出し、老化やある種の発ガンが促進されることがわかってきました。

甘いもののとりすぎはダイエットだけでなく肌にも悪いのです。

活性酸素を大量に発生させるもの

活性酸素の原因になるといわれているのは然外線や大気汚染、食生活、ストレス、喫煙などさまざまです。

これらをすべて避けることは不可能ですが、極力避けつつ、体内の抗酸化力を高める努力が必要。

抗酸化力の高い食品などを積極的に摂りましょう。

活性酸素を減らす酵素「SOD」の働きは30代以降低下する

本来、人間の体には増えすぎた活性酸素を取り除く酵素(SOD)を作りだせる仕組みがある。

しかし、この酵素の量は30代以降減っていく。

つまり、30代以降は抗酸化力は低下していくと考えられているのです。

ですので、30代以降は徹底的に抗酸化の努力が必要なのです

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.