どろあわわと肌の基礎知識

毛穴のつまり・ニキビ対策には外用薬が効果的?

投稿日:

毛穴の黒ずみ・詰まりピーリングケアで目立たなくする

肌のお悩みランキングの上位につねに入るのが、毛穴に関する悩みです。

もともと顔は皮脂腺が多く、からだのそれに比べても大きく発達しています。

顔のモ穴はどうしても目につきがちですが、毛穴の黒ずみや詰まり自体は異常なことではありません。

毛穴には多少の角栓があるのが自然なことですし、酸化して多少黒っぽく見えても、それは皮膚トラブルではありません。

そこからニキビを発症したりしないかぎり、正常な皮膚の状態ですが、気にされる方は多いようです。

毛穴は、どうにかしようと四苦八苦するほど事態は悪化すると心得ておきましょう。

洗顔でこすって落とそうとする人がいますが、必要な角質まではがしてしまうことになり、バリア力の低下や乾燥を招き、皮膚は過敏な状態となります。

刺激を受けやすい肌になってしまうため、化粧品かぶれなどのトラブルを起こしやすくなります。

それから、ついついやってしまいがちなのが、毛穴の角栓を取るケアです。

貼ってはがす毛穴パックは、たしかに角栓は取れますが、毛穴のまわりの皮膚の角質も同時に引きはがしてしまい、お肌を傷めることがしばしばあります。

また、「毛穴の詰まり」が気になって、取り除こうとやっきになっても、そもそも毛穴が汚れているわけではありません。

正常な角栓を詰まりと思い込んでしまっているのです。

毛穴の角質細胞もターンオーバーで入れ替わるので、そこに同じ皮脂や汚れがとどまりつづけるということはありません。

じつは、皮膚の毛包脂線系ユニット(毛包とそこに付属している皮脂腺)はわたしたち皮膚科医から見てもかなり複雑で、神秘的ともいえるはたらきをしています。

皮脂の分泌は、このユニットでごく自然にコントロールされているので、あえてそれを邪魔するようなスキンケアはしないにかぎります。

スキンケアで毛穴を小さくするというのも、なかなかできない相談なのです。

トラブルがないかぎりは皮膚におまかせしてあるがままにしておくのが一番かと思いますが、毛穴問題がどうしても気になるようなら、やさしい「ピーリングケア」がいいと思います。

毛穴が詰まっているように見えるのは、皮脂腺から分泌される皮脂と角質がまじって、角栓のようになっているからです。

ふれるとザラザラした手ざわりになります。

ピーリング効果のある化粧水などを用いて、皮膚や毛穴を傷めることなく、少しずつ角質を取り除き、毛穴を自立たなくさせるのがよいと思います。

ニキビや吹き出物にはニキビの外用薬がすばやく効果的

ニキビや吹き出物は、もっともありふれた皮膚のトラブルといっていいかもしれません。

日本人の9割近くが、思春期にニキビを経験するといわれています。

10代は性ホルモンのはたらきで、顔の皮脂量が一気に増えていきます。

加えて毛穴のまわりの角質が厚くなっていくことで、皮脂の出口がふさがれ、ニキビのはじまりであるコメド(白ニキビ、黒ニキビ)ができはじめます。

コメドの内部では、毛包にもともと住んでいる常在菌の一種、アクネ菌が繁殖してその酵素で皮脂を分解し、遊離脂肪酸が産生されます。

遊離脂肪酸は毛包を壊して炎症を起こし、またニキビ菌の産生する炎症誘発物質によって白血球が呼び集められて、ニキビの炎症を起こします。

治療法としては、アダパレンゲルという毛穴の角質化を抑制する外用薬を使います。

処方薬なので、医師の診察を受けて処方してもらいます。

アダパレンゲルは1日1回、寝る前にニキビのないところも含めて顔全体に塗るのが通常の使用法です。

継続して用いることで、あらたなニキビの発生を予防することができ、コメドができにくくなります。

また、炎症を起こした赤いニキビにもある程度効果があり、軽度のものからやや重度のニキビまでこの薬は有効です。

ただし、最初の2週間ほどはお肌に副作用があって、多くの場合、赤くなったり、かゆみや皮むけを起こします。

そこであきらめずに、そのままつづけると皮膚が慣れてきて、副作用は軽くなっていきます。

2カ月ぐらいつづけると、ニキビが減ってくるのが実感できるようになります。

はじめの副作用さえ乗り越えることができれば、効果の高い優れた外用楽です。

ニキビの炎症が強い場合、治ったあとにニキビ痕が残るのが問題です。

ニキビ痕の程度は、色素沈着、赤み、、盛り上がった硬い瘢痕などですが、色素沈着や赤みは半年、1年2年と長い目で見ていくと、ずいぶん目立たなくなります。

一方、凹んだり、盛り上がった痕は、なかなか効果的な方法がないのが現状です。

そのため、強い炎症をともなったニキビの場合には、最小限の痕で済むように、まずは抗生剤の内服薬を併用して炎症を治めるようにします。

大人になってからのニキビは、メカニズムは同じですが、重要なのはストレスや生活習慣の乱れが大きな悪化因子になっていることです。

睡眠不足や運動不足、食生活の乱れなどは、複合的な悪化因子となって、ニキビを治りにくくします。

ストレスがいかにしてニキビを悪化させるかは、複雑な経路があり、わからないことも多いのですが、ひとつ確実なのは、ストレスがかかると、知らずしらず自分でさわってしまうことが多くなることです。

とくにフェイスラインのあごやこめかみのあたりは、ついつい手が行きやすい場所です。

ニキビがあるとザラザラしたり、ニキビのボツボツが気になったりして、ニキビのできているところを確認するかのように何度もさわってしまうことはよくあります。

いわば、クセのようになっているのですが、自分では案外気がついていないものです。

その治療には、簡単な日記をつけてもらうのが効果的です。

1日の中で、どんなとき、あるいは、何をしているときにニキビをさわっていたか、どんな気分のときだったかなどを記録してもらいます。

そうすると、自分の行動に一定のパターンがあることに気がつきます。

たとえば、勉強でわからなくなったときや仕事や人間関係のことを考えているときなど、イライラや焦りなどの不快な気分が起きたタイミングに多い傾向があります。

このパターンが明確になれば、それを意識しておくだけで、ニキビにさわる頻度が減り、治療効果が上がってきます。

特定の食べ物がどこまでニキビに関係するかについては、関心が高いわりに、あまり研究がされていない領域です。

前にも述べましたが、チョコレートやナッツなどがニキビを悪化させるなどと言われますが、これは明確な因果関係はありません。

また一方で、絶対に悪化させないという根拠も不十分なのです。

食べ物とニキビの因果関係はその多くが黒でも白でもないグレーゾーンですが、ニキビの患者さんが「わたしはチョコレートを食べた翌日はニキビができる」ということであれば、控えるのに越したことはありません。

もっとも、チョコレートなど甘いお菓子は疲れたときやストレス状態でどうしても食べたくなる人もいます。

その場合、チョコレートでニキビが悪化したのか、じつはストレスで悪化したのかの明確な線引きは不可能です。

ストレスそのものはなくすことはできないかもしれませんが、ストレスとニキビなどの皮膚トラブルとの関連性がわかると、自覚が深まり、ニキビの治療にもしっかり取り組めるようになることがしばしばあります。

また、ニキビのケアを通じて、自分では自覚していなかったストレスを発見することがあります。

たかがニキビ、されどニキビです。

ニキビの治療は進化しつつあるので、自己流スキンケアだけで頑張らないで、早めに皮膚科を受診するのがいいと思います。

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.