どろあわわと肌の基礎知識

春型悩み肌基本のスキンケア対策(夜編)

投稿日:

肌を鎮静させて、夜の修復ケアを強化

春型悩み肌の夜クアも、潤いを取り過りぎないクレンジングが最大のポイントです。

ベタつきを加速し、取り過ぎを招くオイルクレンジングは今すぐやめましょう。

そして、皮脂を取り過ぎないやさしいミルクタイプを使うことをおすすめします。

朝も夜もローションパックは必須。

夜のローションパックは、水分を奥まで届けて日中に受けたダメージを鎮静させ、次に与えるスキンクアの効果をさらに活かし、肌の修復力を助けます。

また、朝のローションパックは、ほてりが気になる肌を鎮静させ、同時に、弱った肌を奥から活性化し、次に与える化粧品の通り道をつくって吸収力を高める働きをします。

また、朝も夜も、美容液などで美白クアを取り入れて。ニキビや吹き出ものが跡になったり、くすみやシミが気になったりするなど、春型悩み肌は肌色のトラブルを抱えがち。

美白クアをきちんとして、代謝のいい透明感のある肌を目指しましょう。

そして、夜はできるだけ、悩みに合わせたクリームを使うのがおすすめです。

ベタつきが気になるからと、与えるクアをないがしろにしていると、肌はどんどん力を失っていきます。

40代以降の肌はアイクリームやネッククリームなど、パーツケアを取り入れましょう

積み重ねる絶対美容術

ニキビ、吹き出もの、毛穴の聞き、くすみ…

皮脂し起因するトラブルに見舞われがちな春型悩み肌は、水分不足に大きな原因があります。

それを防ぐ簡単な方法は、毎朝晩のローションパック。

大判のコットンと水、ローションさえあればたった3分!誰でも手軽にできる方法。

億劫がらずに毎日続けてみましょう。3ヶ月で肌が変わるはずです

1.大判コットンを裂き、顔の下半分から貼る

大判コットンを水で湿らせて水気を切り、ローションを全体になじませる。

5枚に裂き、1枚を横にのばし、鼻と口部分に穴を聞け、顔の下半分に貼る。

2.隙聞ができないよう、ピタリと密着

2枚目は目の部分に穴をあけ、下まぶたでコットンが重なるように額全体を覆う。

さらに2枚は左右の頬、残り1枚を首に貼り、ピタリと密着させる。

3.そのまま3分放置し、奥まで浸透させる

コットンを顔全体に貼ったら手のひらで軽く押さえてパック。

3分放置して、上から下へとコットンをはがす。

コットンの上からラップをかければ、さらに肌奥へ。

将来の小ジワ予防「ポイン卜メイクアップ・リムーバ一対策」

アイメイクや口紅などポイントメイクを落とさないでクレンジングをすると、色素沈着の原因になったり、目もとや口もとはおろか、肌全体のこすり過ぎにつながったりします。

顔全体のクレンジンクの前にポイントメイクをきちんと落としましょう。

パールやラメなどを含んだ化粧品は、肌に付着しやすいので、特にやさしく、念入りにクレンジングを。

特に40代以降は目の中も洗って、強い眼差しを

アイシャドウやマスカラが入って、目の中は意外と汚れているもの。

放っておくと、白目の充血につながり、どんより曇った眼差しに。

クレンジングを終えたら、涙と同じ成分の目薬を使って目の中もきれいにする。

目尻から目頭に向かって目薬を流すようにして洗うのがコツ。

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.