どろあわわと肌の基礎知識

大規模な整形手術で美肌を手に入れる!?リフティング手術とは?

投稿日:

リフテイング手術を受ければ、一生シワやたるみから解放される?

光治療や注射でシワをなくすのが「プチ整形」なら、もはや「プチ」と呼べない大きな手術で、シワやたるみを取ることを「リフティング手術」といいます。

リフティング手術には、肌の下に糸を通して中かうら吊り上げる方法や、肌を引っ張って余った部分を切り取って縫う方法など、いろいろな手法が。

しかし、人の顔はまさに十人十色で体質も個人差が大きい。

同じようにやっても同じようにならないのが整形手術なのです。

単純に考えると、リフティング手術をすれば一生シワやたるみから解放されるように感じられますが、そうは簡単にいかないのが人の顔。

どんなにお腹が大きくなっても肌が破けないことからも分かるように、肌はどこまでも伸びる特性があるからです。

そして1度伸びた肌は大きく縮むことはありません。

リフティングしても、また数年から十数年すれば、もう一度しなければならないときが、必ずやってきます。

リフティングはけっして一生ものではないのです。

だからといって、欲張ってつまめば顔が引きつって怖い顔になってしまうし、控えめにつまめば短いサイクルで手術を繰り返さなくてはなりません。

もちろん、リフテイング手術に保険は利きませんので、自費診療で約1200万円くらいはかかります。

それで、どこまで満足のいく仕上がりになるかは、実際やってみないと分からないととろもあります。

ハッキリいって、神経質な人に整形はオススメできません。

それでもどうしてもやりたい場合は、そうした事情も飲み込んだ上で、信頼できる医師を見つけられた場合のみ、相談してみてもいいでしょう。

リフティング(墜形手術)

たるみを解消する整形手術の総称。

花形は、顔全体のたるみを取るフェースリフト。

この場合、左右の額の際に小さな切れ込みを入れ、顔の皮虜を引っ張り上げて、そこで縫い合わせる。

顔全体のたるみを取る大がかりな手術なので、費用と肌への負担は大きい。

まぶたのたるみや目の下のたるみなどの部分的な手術も。

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.