どろあわわと肌の基礎知識

メイク落としと洗顔のポイント!

投稿日:

ポイントメイクはリムーバーで落とす

落ちにくいアイメイクや口紅。

クレンジングの前に、ポイントメイク用のリムーパーを使って落としましょう。

コットンに含ませて使いますが、持ち運びに便利なシートタイプのものもあります。

リムーバーも最近では、ローション、オイル、ジェル、ムース状までさまざまなテクスチャー(使用感)のものがそろっています。

自分に合うものを選び、取扱説明書をよく読んで使いましょう。

落ちなくても無理をしないで

コットンが裏側までしみるくらいリムーバーを含ませ、そのまま10秒ほどメイクに当て、よくなじませます。

そのまま、すべらせるようにコットンを動かしましょう。

マスカラも、リムーバーを使って落とします。

最近は「お湯で簡単に落とせる」マスカラも人気ですが、ウォータープルーフのものは、リムーバーでなければ落ちません。

リムーバーは界面活性剤が多く配合され、クレンジング力が高いメイク落とし。

それだけ、肌への刺激も強いのですが、逆にクレンジング力が高いからこそ、短時間でサッと落とし、肌への負担を抑えることができます。

ゴシゴシこすったり、時間をかけては逆効果。

また肌への刺激が強いので、何度も重ねてつけるのは禁物です。

ある程度ザッと落として、まだメイクが残っていたら、リムーバーに浸した綿棒の先でなでるようにしてください。

1日の汚れを落とし保湿を促す正しい洗顔方法

肌の汚れを落とす洗顔は毎日のスキンケアで欠かせないステップです。

1日を過ごした肌は、ほこりや化粧品の油、汗、余分な皮脂、アカなどで汚れています。

落とさずに放置していると、ニキビや毛穴の黒ずみなど、肌トラブルの原因に。

また、汚れがジャマをして、化粧水や美容液を使っても、せっかくの成分が肌に浸透しません。

ただ、油性の化粧品と余分な皮脂は、洗顔料を使って落とす必要がありますが、ほこりや汗、アカは水洗いでも落ちる汚れです。

冬の乾燥する時期は朝の洗顔はぬるま湯だけでも十分。

また必ずしも顔全体を洗顔料で洗う必要はありません。

皮脂が気になる部分だけに使えばOKです。

ベストな洗顔料を選び洗顔は「やさしく洗う」が基本

洗顔料の種類はさまざま。

自分の肌質と相談しながら、汚れをしっかり落としてくれるものを選びましょう。

ただし、皮脂を落としすぎると乾燥肌の原因になります。

洗った後につっぱる感じがするものは避けましょう。

次に洗い方です。

まずはぬるま湯で顔全体を洗い、落とせる汚れは落としてしまいます。

次に、洗顔料をよく泡立て、しっかり空気を含ませた泡を手のひらいっぱいつくりましょう。

両手の泡を、皮脂の多いTゾーン→Uゾーン→目元へとのせていきます。

汚れは泡の力で落とすので、こする必要はありません。

次に洗顔料をぬるま湯で落とします。

クレンジングと同じく、顔に泡をのせている時間は30~40秒ぐらいにとどめます。

最後に、清潔なタオルを使って、軽く押さえるように水気を吸い取ります。

タオルはハンカチ大の大きさがあれば十分です。

衛生のために、できれば毎回取り替えましょう。

美肌成分入り洗顔料の効果は?

最近人気なのが、美白効果のある洗顔料や、保湿成分の入った洗顔料です。

ただし、せっかくの成分も、ほとんどがすすぐときにいっしょに流れてしまいます。

皮膚に浸透してとどまるような、セラミドや植物オイルなどの保湿成分入りのものは油分を含むので乾燥肌の人にはおすすめのものもあります。

-どろあわわと肌の基礎知識

Copyright© どろあわわの使い方を間違えると肌が大変なことに?口コミを暴露! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.